在庫管理は単なる経営的計数管理ですが、大事です。

在庫管理は単なる経営的計数管理ですが、大事です。在庫は売れないから売上原価のなかで計上され、売上を圧迫するお荷物になります。お荷物は経済用語では「レッドストック」と呼びますが、よく季節的商品が売れ残りに苦労が多い実態です。経営会計は、自社の在庫調整と管理、および会計トリックとしてわざと圧縮したり、減耗損や評価損を計上せず、売上操作を行い利益圧縮に向かうことで節税対策をもったりします。確かに在庫の評価基準は決められたルールは企業会計原則のなかに存在しますが、すべてにおいて、あらゆる企業が準拠しているとは疑わしく、結果としてターゲットになって墓穴を掘る有名企業も数多いです。有名企業を狙った国家権力は、国税調査ですから、威信をかけて企業悪に立ち向かうことで、社会的点数評価を勝ち取れる権能と言ってもいいかもしれません。税務調査が狙う基本形は、「売上除外」と「在庫」ですから、粗利益の増差を狙って権力を執行します。税における「増差額」が高いほど歴任した国税局長は出世コースに乗れるわけです。在庫管理は、国家権力の目が光っていることを熟知し、企業活動を適正に行うべきです。

在庫管理をきちんとすることが商売の要です。

商売をする人にとって在庫を抱えることは命取りになります。時期を逃して売れなくなり返品もできなければそのまま借金になりますし、ただ保管するにも場所代というコストがかかります。一方で、少量しか仕入れてなくて消費者のニーズにこたえられなかったりするとそのときの売り上げが伸びないばかりか、「あの店は欠品が多い」と判断され客足が遠のくことがあります。要は多すぎてもダメ、少なすぎてもだめ、そのときのニーズや時世やタイミングを読み先を見越した仕入れをすることが大切です。そしてもう一つは、しっかり在庫管理をすることです。商品の数が少なければ目視やメモなどアナログ管理でもいいかもしれません。しかし、商品数が多かったり、流通の流れに複雑なルートがあったりすると人為的なミスを引き起こす可能性があります。それを防ぐために在庫管理のシステムを利用することをおすすめします。

在庫管理はなぜ必要なのか

どのような企業であっても、業務内容に沿った在庫を持っていないと顧客に対して商品を出荷することができません。しかし、持ちすぎていても経営の負担になります的確な状態に保つためには管理をする必要があります。在庫管理はどうして必要なのかというと、顧客の注文に対して在庫を持って対応するので、需要と供給の差を埋めてくれます。また、製品の在庫によっては販売部門と製造部門とを調整したり部品や原材料在庫によっては製造部門と購買部門を調整してくれるというメリットがあります。しかし、デメリットとしては在庫のままでは売り上げや利益にならないことや増加や減少に対しての在庫対応になるので、市場ニーズや情報が社内にいかなくなり、市場ニーズに対しての対策や改善が遅れてしまうので対応が遅くなる恐れがあります。これらのメリットやデメリットを考慮して適切な管理をおこなうことが大切です。