在庫管理をすることで与える影響

企業が在庫を持っているということは、経営に影響を少なからず与えます。在庫の価値というのは、計算方法がいくつかあり、個々の実際原価によって期末の棚卸資産の価格を決める個別法というものと棚卸資産を最も新しく取得されたものからなるとみなして、期末の棚卸資産の価格を算定する先入先出法、その逆に棚卸資産を最も古く取得されたものからなるとみなして、期末の棚卸資産の価格を算定する後入先出法と取得した棚卸資産の平均原価を算出し、期末棚卸資産の価格を算定する平均原価原価法の4つがあります。このように決算書を作成する場合に利用する在庫評価をして、在庫管理することが大切です。また、製品別の在庫金額を把握して定期的にチェックをして、増加などをしているようであれば対策を考える必要がありますし、基本的に改善していくということが重要です。

適切な在庫管理をするための指標

在庫管理をする意味は在庫が多すぎていないかどうかという部分を知ることにあります。この、在庫が多いかどうかを把握する方法ですが、在庫回転期間という指標があります。これは、売り上げに対して在庫を何日分持っているのかということをさしています。また、在庫を全て消費するためにかかる期間としても目安になります。この期間が短いほど会社には行った商品がすぐに商品されていることをあらわしていて、在庫の効率が良いことを示しています。在庫回転期間の計算方法は年間で計算するとわかりやすいですが、数字としては必ず毎月見ていくようにしてください。そうすることによって金額のブレがなくなります。大事なことは、定義を変えないということです。さらに、在庫回転期間については業界の標準と比較することによって自社の経営効率を評価することもできます。

在庫管理をする上で重要な棚卸

在庫管理をしていく上で必ずすることは棚卸です。この棚卸というのは定期的に行うことが必要で、1ヶ月に1度などに実際に在庫がどのくらいあるのか現場で在庫数を数えることを実地棚卸といいます。棚卸が必要な理由は、まず商品を購買するためが最もの理由ですがその他にも、傷や破損で不良品となっている在庫がないかチェックするためでもあります。また、実在庫と帳簿上の在庫数をチェックして盗難や入力ミスなどを防いだりこうしたことが起きてしまった場合は原因を調べる要素にします。こうした棚卸を怠ってしまうと、在庫自体が劣化してしまい商品として扱えないようなものが出てきたり、在庫数が合わずに慌ててしまったりするような状況になります。在庫を持つということは消費するまで責任を持って保管することが重要だと認識して管理すると良いです。